女の子との待ち合わせはどうする?ドタキャン防止策

女の子との待ち合わせ

こんにちは、セイヤです。

出会い系サイトを利用する目的は、女の子と実際に会うことですよね。

その目的を果たすためには、色々と考えるべきことがあります。
事前の準備も大切になってきますしね。

では実際、どのようなことをすればいいのか?
そして、どんなふうに待ち合わせの約束をすればいいのか?

信頼関係を構築すること

まず第一に考えるべきことは、相手の女性と信頼関係を作っておくこと。

相手の女性も出会いを求めているからと言って、がっつくのはいけません。
相手に引かれて、返信してもらえなくなります。

だから、まずは無難な会話から入って、仲良くなることを目的に話を広げていく。
相手を楽しませることを意識して、会話を展開していくのが良いですね。

で、会話が盛り上がったら、直アド(LINEなど)の交換をして、それから実際に会う約束を取り付ける、という流れになります。

 

ドタキャンの対策を忘れずに

ただ、普通に会う約束をするだけでは、まだドタキャンされる可能性が残っています。

楽しく会話しているときは「会いたい」と思ってくれるものの。
熱が冷めると、やっぱり…と考えてしまうことがあるんです。

「勢いでOKしちゃったけど、会うのは面倒くさいな…やっぱり止めたほうがいいかも」
って感じで。

だからこそ、実際に会えるまでは手を抜かないこと。

 

具体的には――

ドタキャンされないためのコツは?

1.待ち合わせの日は直近で

会う約束の日は、できるだけ早めに設定すること。

3日以内に設定するのが一番です。
できれば、その日か翌日くらい。

少なくとも、1週間以内にはしてください。
それ以上になると、女の子の熱もすっかり冷めて、ドタキャンされてしまう可能性がグッと高まります。

 

2.前日~当日の朝こそポイント

重要になってくるのが、前日の夜。
「明日が楽しみ」「明日はよろしく」といった内容のメッセージを送ってください。

で、当日の朝は「今家を出て(待ち合わせ場所に)向かってるよ」ってことを伝えます。

女の子に不安を感じさせないために、こういうことを伝えるわけですね。

注意点としては、「今から行くから遅れないでね」とか。
そういった念押しはしないこと。

相手にプレッシャーを与えず、自分がこう思っている、自分はこうする、という連絡にとどめてください。

 

女の子との待ち合わせ方法まとめ

要は、女の子に不安を感じさせないために。
そして、安心して会ってもらうために、できるだけのことをする、ってことですね。

ここで手を抜いたら、それだけ会える確率は下がっていくと思ってください。

けれど、こういう細かい点までキッチリやっておけば、会える確率はグッと高まります。

あなたもぜひ、今回挙げたポイントに気をつけて、女の子と楽しい時間をお過ごしください。


上に戻る